椅子と絵画と花 車を手に入れるには、新品を買う方法、中古品で買う方法、他人から譲ってもらう方法等、様々にあります。しかし、どのような入手の仕方をしても必ず「慣らし運転」をする事が大切です。

一般に、慣らし運転は「新品だからこそ必要」という認識があります。現代は技術や加工精度が向上して慣らし運転の必要は無いと言われますが、「必要性の有無」と「効果の有無」は全く違う話です。慣らし運転をするのは、丁寧に扱う意味があります。どんな機械も乱暴に扱えば寿命が短くなり、性能劣化も早くなるものです。逆に、丁寧に扱うことで寿命は長くなり、性能も長く維持されます。これは、燃費の良し悪しや故障のリスクにも直結しますので、長く快適に使いたいという方であれば、やはり慣らし運転は効果的な対策になります。

椅子と観葉植物一方、中古品の慣らし運転というのは、聞いたこが無い方も居られるでしょう。その必要性は、中古機械特有の「癖」のある状態から、自分の使い方に慣らす事にあります。「機械の癖」「機械を自分に慣らす」というと、奇妙に感じられるかもしれません。しかし、機械という物は使う内に所々が摩耗するものです。同じ機械でも使う人によって摩耗しやすい場所も異なり、新品に比べて想像以上に大きなムラが生じています。そこで慣らし運転をすることにより、機械の各部を自分の使い方に合った形へ摩耗させるのが良い方法なのです。

新品であれ、中古品であれ、譲渡品であれ、入手後は慣らし運転により良い効果が得られます。性能の良いまま、故障が少なく、長く乗り続けたいと考える方にとって、慣らし運転は昔も今も効果的な方法です。