カーブの走り方の基本

皆さんは自動車でカーブを曲がるときに、どのようにしていますか。途中でブレーキを踏んだりしていないでしょうか。実はこれは非常に危険です。
自動車は路面とタイヤの摩擦で走っている乗り物です。曲がるときは遠心力が働くので、自動車が外側に飛び出そうとする力が働きます。これを路面とタイヤの摩擦で抑えているわけです。したがって、スピードを出せば出すほど、遠心力が強くなります。曲がりきれないというのは、この遠心力に負けて車が外に飛び出してしまうのです。
良い曲がり方は、第一に曲がり始める前に十分に減速することです。そして曲がり始めたら、基本的にはブレーキは踏まないように、むしろアクセルを軽く踏んで加速していくような気持ちで曲がっていくのが自動車にとって一番安定した曲がり方です。十分に減速しないと、曲がっている途中でブレーキを踏むことになり、遠心力に負けて車が外側に飛び出しやすくなります。良く車がふらつく人は、原則が不十分なことが多いのです。
専門的にはスローインファーストアウトと言いますが、要はゆっくりと減速して入り、早く出る、というのが走り方の基本です。
このような走り方をすると安全なだけではなく、タイヤへの負担も少ないので、タイヤが長持ちする効果もあります。